読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘタノヨコズキ

ライフハックと手帳、ときどきうさぎとフェレット

ほぼ日カズンジッパーズをシステム手帳カバーにしてみた結果

本題入る前に結論を先に言います。

これはちょっとうまくなかった。
我ながらナイスアイディアじゃないかと思ったんだけどなあ。  

 

プロジェクト管理の仕方に悩んだ末の

GTD推進派の私ですが、実はプロジェクトの管理については長いこと頭を悩ませておりました。

プロジェクトって何気に沢山になるので、手帳の後ろの方についてるメモページだけでは明らかに足りない。
一時期メモパッド1枚につき1プロジェクトでやってた時もあったけど、イマイチしっくりこなかった。

ノートだと既に終わったページがいつまでも残るのが鬱陶しいのと、ノート一冊余分に持ち歩くハメになるのが嫌だった。
ただでさえ荷物が多いのに。

そこで考えついたのが「システム手帳のリフィルを使う」ことでした。
リフィルなら済んだプロジェクトをパッと外せるでしょ。

思いついたらすぐやってみないと気が済まない。
早速システム手帳用のリフィルと、システムバインダーを購入。  
 
すっかりノーブルノート信者…

 
 
 
ファイルははレイメイ藤井の安いやっちゃ。

 
洒落たシステム手帳カバーが数ある中、わざわざ保存用みたいなファイルを選んだのには理由があります。
ちゃんとしたカバーを買うお金がなかったとかそうゆうわけではない。
(いや、お金もないけど)

サイズはA5にしました。
A5サイズを選んだのにも、理由があります。

おやおや?
これじゃ結局ノートもう1冊持ち歩くのと一緒じゃね?  
 

ほぼ日カズンジッパーズをシステム手帳のカバーに

先日購入した、こちらのほぼ日ジッパーズ。

これにブラウニー手帳のA5スリムを挟んでいました。
ブラウニー手帳の中にはGTDで使う「次やること」「いつかやること」「連絡待ち」などのページを設けています。

当然、プロジェクトも一緒にしておきたい。

ということで、リフィルファイルをほぼ日ジッパーズに入れちまおうと企んだわけです。
ほぼ日のカズンはA5サイズ。
A5サイズを選んで購入したのはそのためです。

レイメイ藤井のファイルは頑張ればなんとかハサミでカットできる素材。
入らなければ端を少し切ればいいやと思ってましたが、すっぽりジャストサイズで入ってくれました。

やったぜ。

そのまま一緒にブラウニー手帳を入れるとリングに当ってボコボコになってしまうんですけど、左側の外向き大ポケット(ジッパーズ使ってる方ならどの部分かおそらくわかると思う)に裏表紙を挟み込む感じで入れると…

A5スリムサイズのため、ちょうどリングに当たらない感じで収まってくれました。

これは全く計算外でしたっていうか何も考えてませんでした。
ラッキーや。  
 

実用的な重さとサイズではなかった…

このまま「上手くいったよ!やったよー!」で終わる私ではない。
喜んだのもつかの間、大問題にぶち当たる。

とにかく重い。
そして実際に持ってみると、やっぱりでかい。

今月の始め頃に仕事でイベントがありまして、普段は事務所篭りの私も久しぶりの外仕事でした。
そこで、立ったままこのジッパーズを開かないといけなくなった。

もうね、腕で抱え込むようにしないと持てなかったんです。
デカいわ重いわで。
とても手持ちで何か書いたり、メモを探したり出来るような重さではなかった。

何が重いって、リフィルの紙がね。
不思議よね、店頭で手に取ったときはさほど重さは気にならないのに、いざ使い始めて持ち歩くとすごく重たく感じる。

その後は挟むリフィルの枚数を減らしたりもしました。
だけど重さは軽減できても、やはりデカさがネックなのです。

A5、重たいし、やっぱデカいっすよ。
いい加減学習しろよって話ね。

まあ最初に会社の机の上に置いた時、既に「これやばいな」とは思ったんですけどね…

いっぱいいっぱいよコレ。
机の上に出せないからいちいちブラウニー手帳だけ出して使ってたよ。
これもめんどくさかったんだよね。

A5はやっぱり書き込みのスペースが魅力的なんだ。
小さいサイズと違って、気を遣って字を小さくかかないとスペースが〜、ってことにはならないですもんね。
だから懲りずに手を出しちゃうんだよなぁ。  
 

まとめ

ということで、残念ながら失敗でした。
でもアイディア自体は悪くなかったと今でも思っています。

A5のリフィルとファイルは家置きで使えますからいいんですけど。

ジッパーズはついに使い道に困るハメになりました。
もう何も思いつきまへん。
持ち歩くのはやめたいし、家置きにしたところで中に入れる物もない。
このままだと置物化してしまう。

今年は色んなことにチャレンジするものの、どれもなかなか上手くいきませんわ。