読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘタノヨコズキ

ライフハックと手帳、ときどきうさぎとフェレット

この1週間で自分が何も成長していないことがわかってしまった

ここ1週間ほど、ろくにブログも更新せず。
前回の更新も心ここにあらずだったのか、何も考えんでも書けるような記事。

そう、何をしていたかと言いますと。

野球見てました…
日本シリーズで頭がいっぱいでした…

 

ひとつのことに集中した結果

これは私の一番悪いところと言っても過言ではないんですが、ひとつのことに集中してしまうと他のことが手につかなくなってしまいます。

今まで日課のようにやっていたこと…今ではブログ書くとか自己管理の仕方を考えるだとかそんな感じでしたけど、そうゆうことも全く手につかないし、これほんと最悪なんだけど仕事中も心ここにあらずな状態。

仕事してても何してても野球で頭がいっぱいでした。

これが悪いところなのだとわかっていても、直そうと思ったことはありませんでした。
こうゆう性格なんだわ、仕方ないわと。

しかしこれが全然仕方がなくないとわかったのが、昨年の今頃のこと。

心療内科通院をやめてからも私を悩ませていた「不安症」を悪化させる大きな原因となっていたことがわかったのです。  
 

自分なりにやってきた森田療法

もちろん、この「森田療法」については病院で指導を受けたわけではなく、ネットで見たことをやってみる…
やってみるというか、意識しながら生活していくっていうそんな感じだったんですけど。

どうゆうことかってことについてはこちらのサイトをどうぞ。
私もこのサイトのページを印刷して手帳に入れてました。

不安神経症を克服する!森田が考えた症状の原因-

今の仕事や役割、または気になっていること対して、それぞれ気分本位の行動と目的本位の行動を考えてみましょう。

 
例:好きな人がいる

 
気分本位⇒ 好きな人のことが気になり他のことが手に付かない。

目的本位⇒ 好きな人のことは気になってても、仕事には打ち込む

 
このページに書いてあることが、私にドンピシャでね。
これはいけない、これは治そうと。

ちなみに私の場合どんな症状があるかというと、出かける時になかなか家から出られないんですよ。

  • あそこの鍵しめたっけ
  • あそこの電気消したっけ
  • ハルさんの小屋ちゃんと閉めたっけ
  • ご隠居の小屋ちゃんと閉めたっけ
  • あのコンセントちゃんと抜いてあるっけ
  • エアコンのスイッチ入ってるっけ?切ったっけ?
  • タバコの火はちゃんと消したっけ
  • 玄関の鍵かけたっけ

 
これ、普通の人は1回ずつ確認したらそのまま出かけてくと思うんですよ。

私はそれができないんです。
何度確認しても不安なのです。
酷い時は10分以上、家中をウロウロバタバタしてます。

早起きして時間に余裕をもって、コレ↑があるもんで早めに出かける準備もしてるんですけど、なんだかんだで結局時間ギリギリになるんです。

車から降りる時もそう。
車の鍵をちゃんとかけたか何度も見に戻る。

会社から退社する時もそう。
パソコンの電源切ったか、机の上にあまり人に見られないほうがいいものが出っぱなしになってないかを何度も確認して、最後は気合いで会社から出るという状態。

で、その場を離れるとその不安をコロっと忘れるわけです。
だって、ちゃんと確認してるんです。
一度確認してるから、もう大丈夫なはずなんです。
それがわかっているのに、何度も確認しないと不安なんです。

その時の気分よりもその時にしなければならないことをきちんとできるようにしなければと、そう意識をして生活してきました。
最初はこれが難しかったんだけど、意識の甲斐あって、手帳でタスク管理をするようになったこともあり今ではかなりラクにできるようになりました。
(ただし、外出時の不安症は改善されず)

ところが今回、広島がリーグ優勝し日本シリーズに進出するというとんでもないイベントが起きた。

これまで毎日気をつけていた意識は完全に吹っ飛びました。
そしてもう何も手につかない。

日本シリーズが終わって、今朝、週間の振り返りノートを書きました。
そこでジブン手帳に書いてあることを見ながら、「ああ、また元に戻ってしまったんだ」と気がついてしまった。

まあ、自分にとっては特大イベントでしたから。
そうなっても今回は仕方なかったのかなとは思いますけど。
しかし何も手につかない度が結構凄かったのでね、今振り返ると。

週次レビューをいつもと曜日をズラして移動日(試合のなかった日)に行っていたので、とんでもないやり忘れやただならぬミスがあったとかそうゆう失敗は免れました。

GTDやっててよかったと心から思ったものです。
 
 

ほんとはバリバリのヤクルトファンだったのに

ここからは余談の独り言なので読んでくれなくていいんですが、私は元々はヤクルトファンでした。
古田さんとか高津とかあの辺りの人たちがまだ若かった頃です。

広島ファンではなかったのです。
広島は、前田っていう神様(現つぶあん王子)緒方(現監督)が大好きで、それで贔屓にする程度でした。

ヤクルトでは宮本が好きでほんと神様扱いするくらい好きで、その宮本と前田っていう神様が同じ年に引退しちゃったでしょ。
モチベーションがガクンと落ちてしまいましてね。

その後は野球もそんなに一生懸命見ていませんでした。
それこそ宮本か前田が解説してる試合を見るくらいのもので。
(ちなみに宮本の解説は愚痴&文句&愚痴&文句で聞いてるのが結構辛い。笑)

昨年緒方が広島の監督になったもんで、じゃあ応援しなきゃ!ってことでまた野球を見始めました。
ヤクルトは優勝したものの、個人的に印象に残る選手もいなくて、試合を見ていてもあまり楽しくはなかった。
(ヤクルトファンの方ごめんなさい…)

対する広島の方はというと、まあ緒方が散々叩かれまくって私も落ち込む日々。
かっこよくて大好きだった選手がボロクソに叩かれるこの悲しさ、わかりますかい?

でも叩かれる理由というか、ファンが叩きたくなる気持ちもよくわかっていたのです。
これがまた悲しかった。
私だって「こりゃもう辞めた方がいいわ…」って思ったもん。

しかし、彼は今年に入って見違えるほどに変わりました。
ほんとに去年と同じ人?っていうくらいに。
去年とは違う活き活きした表情が本当に嬉しかった。

久々に好きな選手もできて試合を見る楽しみも増え、本当に楽しい1年でした。
日本シリーズは残念なことになったけど次の課題がハッキリと見えるものだったし、また来年応援する理由と楽しみができました。

広島には感謝しかありません。
楽しい一年を本当にありがとう。

 
 
さあ、そうゆうわけで私もまた通常営業に戻らないと。
この1週間の反省を活かせるよう、毎日を過ごしていきます。  
 

…そうそう、もう1人名前を出しておきたい選手がいた。

昔、ヤクルトに入来智っていうピッチャーがいてね。
この人すっごいおもしろい人で強烈に覚えてるんだけど、今どうしてるんだろう。
まだあのお弁当屋さんで働いてるのかなあ。
元気にしてくれてたらいいなあ。