読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘタノヨコズキ

ライフハックと手帳、ときどきうさぎとフェレット

タスク管理の最高峰?OmniFocus2の体験版をダウンロードしてみたので2年間使ってるTodoistと比較してみた


どうも、物忘れが激しいのえです。

先日、自分のウィジェットを晒した際、タスク管理にはTodoistを使ってるんだというお話を少しさせてもらいました。 

 

 

細かい事務仕事が多いのに忘れっぽい脳を持つ私にとって、このTodoistはなくてはならないものになりました。

もう2年くらい使用しています。

ところが、昨年GTDというものを知ってから別のアプリを発見。
それがタイトルにあるOmniFocusです。


当時はその値段に驚愕し、「は〜こうゆのもあるんだね…」で通りすぎてしまったのだけど、今回体験版があることを知ってこれは使わずにはいられない!


ということで、早速ダウンロードしてみたよ。
OmniFocus - task management for Mac, iPad, and iPhone - The Omni Group

 

OmniFocus試用期間は14日間

今、これからどちらを使っていこうかかなり迷っています。
これを書いてる時点で、OmniFocus2を使い始めて5日が経過。

まだ完璧に使いこなせてるわけではないですが、それでも「あー、こうゆうことね」と少しずつ魅力がわかってきてはいます。
自分の頭の中を整理する意味も込めて、今日は2年間使ってきたTodoistと簡単に比較してみます。

TodoistとOmniFocus

だいたいこんな感じなんだけど。

  Todoist OmniFocus
価格 高い クソ高い
見た目 シンプルすっきり ゴツい
操作性 簡 単 難しい
同期端末 WEB版も有り iPhone、iPadのみ
同期 爆速 まだわからん


では、それぞれを簡単に見ていきます。

 

どっちも値段高すぎ

先に書いちゃったけどアプリでこの値段は何事かと。

スタンダード版がこの値段。

OmniFocus 2

OmniFocus 2

  • The Omni Group
  • 仕事効率化
  • ¥4,800

 

Pro版は79.99ドルで8000円ちょいや。

f:id:noephoto:20160831132126p:plain

どんなものか、自分に使えそうなのかわからないものに5,000円以上出すのはギャンブルです。
体験版がなかったら絶対手を出せませんでした。

お安いスタンダード版はパースペクティブのカスタマイズができないとかなんとかで。

買うならケチってスタンダードよりプロでしょうな。
パースペクティブ、使ってみるとかなり便利なのよ。

対するTodoistですけど、まあこっちもそれなりに高いんです。
けどOmniFocusに比べたら全然安い。

あら?無料だわ?
そう、無料でも使えるんですよ。

でも無料版はコンテキストも使えないしリマインダー機能もない。そこがエグい。 

プレミアムに課金しないとまともに使えない。


Todoistは年額ということで、更新の度にこの金額を払わなければなりません。
OmniFocusはクソ高いけど1回払えばそれで終わりです。使用料ではなくアプリ自体を買うことになるので。

見た目

Todoistはシンプルですっきり。



その日のタスクを終了した時のこの画面は、使い始めた当初は感動でした。

(でもこうゆうのはすぐ飽きちゃうんだけど…)

サイドバーにある「ラベル」はコンテキストのことです。

対して、OmniFocusは少しゴツめ。


このゴツさは結構気に入ってます。
シンプル過ぎるよりはちょっとゴツかったり派手だったりする方がどちらかと言えば好きです。

操作性

Todoistはすぐに使い慣れると思います。とにかく簡単。
プロジェクトは階層化も可能です。
私はほんとにただのTodoリストとして使用していたので、階層化とかほとんど使ってはいなかったんだけど… あと、これはバグなのかなんなのかわからないけど、子タスク孫タスクあたりが重複して表示されることもあって、これが困るんだなあ。

 

繰り返しの登録もラクラク。こんな感じで…
「毎週水曜日」とか打つと〜



毎週水曜日の繰り返しタスクとして登録される!

 

ちなみにこの繰り返しの登録は、以前はもっと難しくてわけがわからず超めんどくせ!でした。
こんな風に簡単に登録できるようになったのは去年だったかな。
アップデートを重ねて良いアプリに成長しているという証拠ですね。

対するOmniFocusですが、はっきり言って最初はワケがわかりません。
とにかくゴチャゴチャしててわかりづらい。
初日は「これ使えるようになるのかな…」と、早々に挫折しそうになりました。

ところがこれ、GTD入門書のメモを見ながらいじっていくと不思議とわかるようになってくる。
プロジェクトの階層はどう作っていくべきか、コンテキストに何を設定するべきなのかがわかってきて、どんどん使いやすくなっていくんです。
その代わり、「こうゆうことか!」と理解する度に登録したタスクを消さないように作り変えないといけなくてそこはちょっと辛い。

GTDを理解して初めて使えるソフトなんだと思います。

ちなみにこの記事に載せてる写真はまだいじってる段階のものです。
プロジェクトをもうちょい使いやすくできるように変えていく予定。

そうそう、コンテキストですけど。
Todoistはいくつも設定できるのに対し、OmniFocusは1つしか設定できません。
これは結構、大きな違いかと。

場所とツールと、2つくらい設定できるといいんだけどな。

同期について

Todoistはスマホ、タブレット、WEB版で同期が可能。
私はGoogleのアカウントでログインしているので、同期設定も特に必要なかったと思います。

OmniFocusにはWEB版はありません。
しかもリンゴ製品でしか使えません。
(ということはパソコンをWindowsに変えたりスマホをAndroidに変えるともう使えない!)

で、同期するにはアカウントを登録する必要があります。ちょいめんどくさい。

まあWEB版が使えないのは別に構わないかな…とりあえず手元にiPhoneがあればなんとかなるし。
ただ、iPhone版もクソ高くて導入はかなり迷う。

OmniFocus 2

OmniFocus 2

  • The Omni Group
  • 仕事効率化
  • ¥4,800


これはスタンダード版の値段でProにする場合はやはり課金することになります。
でも今後使っていくなら当然iPhone版は必須になるよな。うーん。

 

試用期間はあと9日

なんやかんやといじってるうちに使用期間も残り9日に。
今はとりあえずOmniFocusをメインで使ってみています。

実はもう、OmniFocusでやっていこうっていうのは私の頭の中ではほぼほぼ決まってるんです。
ただ、値段だけがネック…iPhone版にもお金かけなきゃいけないし。

でもこれで日々を過ごしやすくなれるのであれば、勿体無くはないなあと思うのです。

あと9日、よく考えよ…と、思った矢先。 

乗り換えにくくなった…笑
泣かないでー!